「7日間ブックカバーチャレンジ 」を終えて

「7日間ブックカバーチャレンジ 」7日間チャレンジして、七冊、何を選ぼうかと思案したり、書棚から探したり、断捨離にも貢献した。さらに言えば、我が青春時代から今日に至るまでの読書遍歴を振り返る良い機会にもなった。 どの本、どの著者が自分にどのよ…

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-7」 「無心ということ」(鈴木大拙:角川文庫)

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-7」 「無心ということ」(鈴木大拙:角川文庫) このチャレンジ、最終日になったが、あと一冊どれにしようか悩んだ。ブックカバーは四冊載せましたが、鈴木大拙の「無心ということ」にしました。 21歳の時にこの本に出会い…

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-5」 「免疫の意味論」(多田富雄)  

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-5」「免疫の意味論」(多田富雄) この本、高校一年からの友人で文学青年で読書好きだったが、文学の道に進まず医学に進み、開業医をしているK君が勧めてくれた。 千葉大の免疫学の権威の多田富雄さん、能の脚本を書いたほ…

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-4」 「愛の無常について」(亀井勝一郎):角川文庫  

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-4」「愛の無常について」(亀井勝一郎):角川文庫 高校三年の現代文の授業、問題演習の本に1頁程の文章だ。意味でもこのときの授業の光景は覚えている。内容は覚えていないが、一行目の「青春とは性急なものである・・・」…

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-3」「歎異抄」 高校一年のときの同級生が、私に盛んに歎異抄を読めと勧めていた。国語嫌いだった私は18歳になるまでほとんど文学的なもの、哲学的のものは読んでいなかった。そんなわけで当時の私はなんで歎異抄かという…

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-2」 「禅と日本文化」(鈴木大拙)  

「7日間ブックカバーチャレンジ Day-2」「禅と日本文化」(鈴木大拙) この本を読んだのは20歳の時、工学部の学生だった。もともと文系の苦手な私でしたが、大学に入ってからは、工学部の人間味のない授業がつまらなくて、出席はしたものの、教室の後ろの席で…

7日間ブックカバーチャレンジ

LA時代からの友人にしょうかいされて「7日間ブックカバーチャレンジ」というものに参加することにした。7日間自分の読んだ本の書名を紹介するもののようだ。 ルールは簡単「7日間ブックカバーチャレンジ Day-?」「本の題名(著者名)」「本の紹介文・・・こ…

テイクアウトランチ

テイクアウトランチ 一歳四ヶ月の幼児がいて、在宅勤務している長男宅にいろいろなテイクアウトランチを持っていってサポートしている。吉野家、ほっともっと、レストランさと、CoCo壱番屋カレー等、コスパなどを含め色々だが、飲食店やレストランも色々…

四月句会

四月もコロナウィルスの影響で通信句会となった。今月の投句は以下の3句。 ボタン雪孫目をみはり窓たたく 春の宵句作に遊ぶ自粛かな 仏の座慈悲なき此の地に沸き出でよ最後の句は仏の座の花を見て作ったのだが、冬の季語だったのと、此の世=此岸に法華経の…

結石再生産❗

世の中いろいろな企業が休業、生産休止している中、我が結石工場が突然再生産を開始した❗ およそ一年半結石生産を休んでいてホッとしていたのだが、今朝、尿道にちょっと違和感があり、あれ?石かなと心配していた。この時期に配管が詰まったら、病院に行く…

三月通信句会

3月の句会はコロナウィルスの影響で、郵送するという通信句会となった。結果が添削とコメント付きで返却されてきた。私が投句してものは以下の三句。地に低く孫戯るる福寿草 コロナの火仲春の世に人を焼く 朧月ジャズと水割り温々と・コメントは「地に低く」…

老いては子に従い 軽に乗り換え

ホンダインサイトに乗ってあっという間に11年たった。家内からは免許証返上したらとも言われているが、家人の病院の送迎にもまだ返上はできない。ホンダに勤務する次男のすすめもあり、この際、センシング機能付きのNboxに買い替えた。インサイトは 最近は…

埼玉スーパーアリーナでK1開催❗

K1のイベントが我が地元埼玉スーパーアリーナで行われた。大野埼玉県知事、西村経済再生担当大臣の要請にもかかわらず開催された。タイでムエタイの競技場で集団感染が発生して試合の後、厳格な規制に踏み切ったとのニュースもあるのに開催になったのは残念…

子規=ホトトギス

正岡子規の名前、子規がホトトギスの異名で結核も意味するとのこと。関連の本や、Web検索してみると、ホトトギスが鳴くときに口中の鮮紅が見えるので鳴いて血を吐くともいわれているとのこと。子規が結核を患う前、喀血し、自分で子規と名乗るようになったと…

笑点放送

日曜日の笑点は毎週録画などしてみている。笑点も昔のほうが面白かったと思うが、品の無いうるさいだけのお笑い番組よりはずっとマシだ。 ただ、この時期、大勢の観客で感染者の発生が気になる所だ! 笑点や寄席など、野球、相撲と異なり、客がいなければやる…

防災会議

午前中月一回の防災会の幹事会、午後は2時から4ヶ月に一度の防災会議。コロナウィルスの蔓延しているこの時期の会議、管理組合、自治会の総会対応もある為、中止というわけにもいかず、ネット会議もできない。少人数なので実施した。 来月の幹事会は中止とし…

小人閑居  書物読み句作に悩む春朧

つれづれなるままに、 書物読み句作に悩む春朧 コロナウィルスのせいで、ここのところ、外食無し❗スーパー、モールに行く回数も減った。卓球、俳句会もなし。代わりに孫の世話と、近くの公園の散策。スローライフの始まりか! これもまた良しかとも思う。 テ…

新型コロナウィルス パンデミック

いよいよというか、やっとと言うべきか、WHOがパンデミック宣言をした、世界中どこまで感染するのか心配だ。株価も大暴落❗令和大恐慌にならなければいいのだが❓❗

どこまで拡大コロナ菌

日に日にコロナウィルスが騒がしい。人間にとってベストソリューションはなかなか難しい❗その時々で、ベッターソリューションに叡智を集めることと、説得力のあるリーダーシップが求められるのだろう❗ 啓蟄やコロナの虫にざわめきつ コロナ菌スローライフと…

卓球クラブでコロナウィルス感染❗

コロナウィルスでついに卓球クラブで発症❗心配性の家人、私に2月16日から卓球に行くなと言っていた。家人、それ見たことかと。先見の明があったと言うべきか❗ 運動不足を解消に、近くの霊園の河津桜を孫と一緒に散歩した。

アレクサ! ジャズを聞かせて!

仲春やコロナを遠ざけジャズを聴く 長男のすすめでamazonプライム(月額500円)に加入し、長男からもらったamazonのタブレットでamazon music、ジャズのピアノ・トリオを聴いている。 アレクサもインストールしたのでタブレットに向かって「アレクサ! ジャズ…

ジャズを聴き水割り温む春半ば

コロナウィルスが日に日に拡大している。マスクや消毒液は薬局で買えなくなっている。心配性の家人のおかげで、我家にはコロナウィルスが発生する前からそこそこの備蓄があるので当面心配はない。 ただ、卓球や句会の集まりが中止になるのは残念だが、卓球や…

コロナウィルス蔓延

コロナウィルス感染がいよいよパンデミックの様相を呈してきた❗予想通りというか恐ろしいことだ。安倍首相も遅まきながら、小中高の休校を指示した。当面の二週間のようだが、このウィルスの蔓延はまだまだ収まらないだろう。今回の感染拡大で日本の政治、医…

つまらない事ですが、今朝目が覚めてトイレに行く際にデジタル時計を見たら、2月22日2時22分だった。我がカミさんはよくこういう事があるようだが、私は初めてだった。また同じような事が起きたら宝くじでも買うかな❗

カーク・ダグラスさん逝去

カーク・ダグラスが103歳で亡くなった。103歳までご健在だったとは知らなかった。洋画が好きだった小生、カーク・ダグラスの映画はよく見ていた。やはり印象に残っているのはOK牧場の決闘だろうか。バート・ランカスターとの共演も良かった。 60歳で死んだ三…

啓扇桜

〈啓扇桜鑑賞〉 家人が買い物のついでに啓扇桜を買ってきた。細い枝に蕾をたくさんつけていた。 12月~3月までの真冬に咲く桜とのことだが、室内は20度以上なので3日ほどで満開になった。白の中に薄いピンクの混ざる清楚な桜だ。一足早く自宅で桜鑑賞ができ…

蝋梅鑑賞

蝋梅鑑賞 家の近くの石井実生園という所に孫と一緒に蝋梅鑑賞に行ってきた。 今まで蝋梅は一種類とばかり思っていたが、花びらが別れている和蝋梅や、福寿草のような黄色の鮮やかな福寿蝋梅、満月蝋梅というのもあって楽しませてもらった。

句会参加

〈句会参加〉 3回目の俳句講習会、初めて句会。参加者は31名。講師の選んだ特選句五句には入らなかったが、13名の二重丸(秀句)に選ばれた。今後は月一回の句会に参加しようと思っている。 私の句は 花びらの描くらせんや寒椿 私の選んだ句が特選に選ばれる…

電子辞書購入

俳句を始めるに当たり、歳時記の入っている電子辞書の最新版を買った。今までに電子辞書は4つほど買って使っていた。広辞苑はもとより、ロングマン英語、リーダーズ英和等の辞書の入っているものや、新明解国語辞典などの入っている電子辞書を買って使ってい…

<ユヴァル・ノア・ハラリの『サピエンス全史』を読

高校時代からの友人二人からの勧めで年末から正月にかけて読んだ。 上下二巻かなり読みでがあって、世界史、人類史をほとんど勉強してこなかった私には、勉強になり、考えさせられるところが多かった。盛りだくさんの内容なので、概要については、以下の週刊…