読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禅を聴く会

毎年、この時期に開催される、曹洞宗関東管区強化センター主催の「禅を聴く会」に行ってきた。今回は奈良県教恩寺住職の女性シンガーソングライターでもある”やなせなな”さんの、トーク&コンサートと、京都府竜宝寺前住職の曹洞宗僧侶、中野東禅さんのお話…

<禅をきく会 その2 田上太秀>

毎年大宮ソニックシティーで曹洞宗の強化センターが仏教界の僧侶、学者等の講演会を無料で行なってくれている。過去に南直哉、玄侑宗久など有意義な講演を聞かせて聞かせてもらっている。 今回は、東大大学院人文科学研究科を修了し、現在は駒沢大学の名誉教…

禅をきく会 その1 中溝裕子さん

大宮ソニックシティーで毎年恒例の禅を聴く会が開催される。今回はプロゴルファーで、日本骨髄バンクの評議員をしているという中溝裕子さんという方の「食べることは生きること~いのちをありがとう~」という講演と、駒澤大学名誉教授の田上太秀さん。 中溝…

禅をきく会

曹洞宗の「禅をきく会」の講演会に行った。毎年一回、大宮のソニックシティーで無料で講演会をやってくれる。二年前には南直哉の講演もあった。今回は、金子稚子さんというライフ・ターミナルネットワーク代表の方。「”死ぬこと”から考える生き方」というテ…

さいたま親鸞講座 第二回

さいたま親鸞講座の2回目に家人とともに参加した。今回は前回に続き、歎異抄の第十章、「念仏には無義をもって義とす。不可称、不可説、不可思議のゆえに」で始まる文章の説明から、身口意の三業、自力、他力の意味、来迎往生等、分かりやすい話だった。 今…

さいたま親鸞講座

朝日新聞に載っていたこの講座のことを、妙齢友人が 切り抜きをくれて教えてくれた。大宮駅の近くで行われるというので、家内と一緒に参加した。「歎異抄」をテキストに、現代に生きる私たち人間の課題を仏教の言葉に学んでいくという。 歎異抄は私が18歳…

曹洞宗、関東管区強化センター主催の「禅をきく会」の講演を聞きに行った。堀下さゆりさんという、福島県相馬市出身のシンガーソングライターの歌と講演、宮城県山本町の徳本寺の住職、早坂文明さんの講演を聞いた。どちらも東日本大震災の被災地の方で、体…

菅喜偉官房長官 講演会

異業種交流会の勉強会で、菅官房長官の話を聞いた。この会では、過去に小泉前首相、第二期安倍内閣になる前の安倍首相、麻生元首相、農林水産大臣になる前の林芳正参議院議員などそうそうたるメンバーの話を聞かせて貰ってきた。そんな意味で、超多忙なさな…