読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年筆の日

 9月23日は万年筆の日なのだということを、先日の文化放送で教えてもらった。何に由来するのかと、ググってみたら、1809年9月23日にイギリスのフレデリック・バーソロミュー・フォルシュが万年筆を発明して特許を取得したことから、この日が万年筆の日とされています。当時としてはかなり画期的な発明で、「fountain pen」=泉のペンや、「stylographic pen 」=鉛筆画法のペンと呼ばれていたそうです。

 文房具、筆記具オタクのHenry、今、手持ちの万年筆を取り出して撮影してみた。モンブラン、パーカー、シェーファーペリカン、プラチナ、パイロットなど、しめて20数本。最近入手したプラチナのセンチュリーが、いつキャップを開けても、インク詰まりしていなくて、すぐ書けるところが素晴らしい。同じプラチナの安いプレジールも同じキャップの構造を使っているので、インク詰まりがなくて良い。
 最近は油性、水性のボールペンも更に書きやすさ、線の太さなど更に進化しているものが店頭に並んでいる。しかし、日記や手紙はやはり万年筆が良い。線径、インクの色、書く紙の種類、書く時のTPOによって、万年筆を変えて楽しんでいる。

f:id:henrymiura:20160926220534j:plain