〈梅原猛さん死去〉

 梅原猛さんが1月12日93歳で亡くなった。私の青春時代から影響を受けた方だった。彼の書いたものは今迄にそこそこ読んできた。印象に残るのは、「美と宗教の発見」「地獄の思想」「水底の歌」「誤解された歎異抄」「法然の哀しみ」「歓喜する円空」「葬られた王朝 古代出雲の謎を解く」「親鸞 四つの謎を解く」などどれも面白かった。
 個性的で独特の史観、宗教観が一部の歴史学者宗教学者からは批判も多々あったようだがユニークな論理展開が興味深かった。
 改めてウィキペディアを見ると幅広い活動をされてきたことに驚く。何回かのガンも克服されてきたそうだが、もう少し頑張って本を書いて欲しかった。
 ご冥福を祈るばかりだ。合掌!

全豪オープン錦織ベストエイト❗

今日の錦織は凄かった! 3セット目から一球毎に局面が変わり目が話せない試合だった。第5セットもサービング·フォア·ザ·マッチを逃したときはどうなることかと思った。テンポイント·タイブレークも5-8からの逆転。セットカウント0-2からタイブレイクを制しての5時間5分の死闘を制しての逆転勝利は感動的だった❗❗❗

「日本の美徳」(瀬戸内寂聴・ドナルド・キーン:中公新書ラクレ)

 家人の勧めでドナルド・キーンさんと瀬戸内寂聴さんの「日本の美徳」を読んだ。以下のamazonの紹介にあるように、ともに96歳の二人が生き生きと、日本及び日本文学について語っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニューヨークの古書店で『源氏物語』に魅了されて以来、日本の文化を追究しているキーンさん。法話や執筆によって日本を鼓舞しつづけている瀬戸内さん。日本の美や文学に造詣の深い二人が、今こそ「日本の心」について熱く語り合う。日本の古典が愛読されている理由、文豪たちとの貴重な思い出、時代の中で変わっていく言葉、変わらない心…。ともに96歳、夢と希望を忘れない偉人たちからのメッセージがつまった“日本への贈り物”対論集。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ノーベル文学賞をとれなかった三島由紀夫、とった川端康成ノーベル文学賞が二人の自死の一因になったのではないかとか、紫式部清少納言が二人とも美人ではなかった。紫式部のほうが優秀だが、清少納言のほうがもてた。紫式部清少納言をライバル視して、盛んにけなしていた。等の寂聴の話は面白かった。
 また、間もなく退位される天皇皇后両陛下についてキーンさんの言葉に敬服させられる。
源氏物語はいまだ通読できていないが、現代語訳か漫画の源氏物語を読んでみようかと思っている。

読初め

 ドナルド・キーンの「日本人の美意識」と「日本語の美」を読んだ。今までにキーンさんの本は何冊か読んできたが、改めて、キーンさんの永年の日本文化の研究、日本語での読み書きの凄さに驚嘆する。母国語が英語であるからこそはっきりとわかる日本文化の特徴、たとえば日本語に置ける主語の曖昧さや、一つの表現から複数の解釈が可能なものについてキーン氏による鋭い指摘がなされている。藤原定家の「みわたせば花も紅葉もなかりけり裏のとまやの秋の夕暮」という表現の場合に、これは秋が終わりつつある時期を指しているのか、あるいは、ある秋の日の夕暮れ時をさしているのか、という事例が紹介されている。
 こういった、日本語、日本文化の「暗示」「余情」ないし不規則性、簡潔、ほろび易さ等について、日本人の見落としがちな、視点、解釈などを教えてくれている。
 「日本人の美意識」の中では、一休宗純の頂相と文章が興味深かった。一休については断片的な知識しかなかったが、狂雲集など、改めて読んでみたくなった。
 

寒中お見舞い

寒中お見舞い申し上げます。

昨年10月に義母が95歳でなくなりましたので、新年のご挨拶は失礼させていただきました。皆様良いお年をお迎えのこととお慶び申し上げます。今年もよろしくお願い致します。

〈2018年 読み納め 松岡正剛「面影日本」〉

 松岡正剛の千夜千冊エディション「面影日本」を読んだ。久し振りに知的好奇心を刺激される本を読んだ。
 松岡正剛が千夜千冊で紹介してきた、"面影をうかがう日本" の中から、枕草子西行、定家、方丈記徒然草、心敬などを紹介しながら「常世、鳥居、正月、翁、稜威」という五つのキーワードに即し、面影とはなにかについて、松岡正剛の該博な知識をベースに興味深く紹介されている。424頁の文庫にしては厚い本だったが一気に読んだ。
第一章 面影の原像
山折哲雄『神と翁の民俗学
山本健吉『いのちとかたち』

第二章 をかし・はかなし・無常・余情
清少納言枕草子
和泉式部和泉式部日記』
西行山家集
堀田善衛『定家明月記私抄』
鴨長明方丈記
吉田兼好徒然草
唐木順三『中世の文學』

第三章 連鎖する面影
三浦佑之『浦島太郎の文学史』六三五夜
石田英一郎『桃太郎の母』一二四四夜
近藤信義『枕詞論』
心敬『ささめごと・ひとりごと』
西郷信綱梁塵秘抄

第四章 ニッポンを感じる
ドナルド・キーン『百代の過客』五〇一夜
渡辺京二『逝きし世の面影』一二〇三夜
アレックス・カー『美しき日本の残像』
ロジャー・パルバース『もし、日本という国がなかったら』

 などなどが紹介され松岡の目で分析されている。どれも好奇心を起こさせてくれるが、来年の読初として、山折哲雄『神と翁の民俗学』、堀田善衛『定家明月記私抄』、西郷信綱梁塵秘抄』、ロジャー・パルバース『もし、日本という国がなかったら』等を読んでみたいと思っている。
 

今日の月は上弦or下弦?

"上弦の月だたっけ、みょうーに、色っぽいね" 
 深夜、ベランダから月を見ると半月! さて、上弦の月か、下弦の月か気になってググってみた。弦が上に見えるので上弦かと思ったが、下の解説にあるように、下弦の月であることが分かった。

f:id:henrymiura:20181229003750j:plain

f:id:henrymiura:20181229005744j:plain

12月29日 am1:00撮影右が下弦の月