立花隆さん死去

立花隆さんが80歳で亡くなった。同世代の知的巨人だった。「知のソフトウェア」「思考の技術」「脳死体験」など色々と読ませていただいた。佐藤優との知の巨人対談も面白かった。同世代の知の巨人として今の乱れた日本を叩き直すフィロソフィーを書いて欲…

<チック・コリアの死を悼む> 家人がたまたま録画してくれたWOWOWの番組でチックコリアが2月9日に79歳でなくなったことを知った。 チックコリアは1972年に発表されたReturn To Foreverを印象深く覚えている。キース・ジャレットや上原ひろみとの東京でのDuo…

4月投句

今月の投句3題①手をほどき菜の花の土手走る孫 ②卒業子のつんつるてんの袴はき ③辞書並べ獺の祭りの薀蓄家 ③は獺の祭りの季語が初春ということで没 Buying dictionaryの薀蓄家、Henryを自嘲し読んだのだが、季語が季節外れということで没。②は大学の卒業式で…

三月投句

コロナの緊急事態宣言のため、今月も句会が投句になっている。 相変わらず、出来が悪いが今月は投句三句のうち、一句二重丸をもらったが、まだまだ特選をもらうには至らない。 二重丸の句は 春陰や老舗川甚店じまひ 高校のクラス会を二回やったことのある、…

孫の成長

数ヶ月前に孫に買ったアルファベットパズル、モンテッソーリのものだが良くできている。買い与えた時はパーキングのPとアップルのAくらいしか分からなかったが、2歳1ヶ月の今、一週間くらい前からほとんど言えるようになり、所定の位置にはめるようになった…

柴又川甚の閉店を惜しむ

柴又の老舗の料亭「川甚」が残念ながら231年の歴史に幕を閉じた。 江東区の高校に通った時代、同級生は、墨田区、江東区、葛飾区、江戸川区など下町に住む同級生が多かった。 そんな縁もあり、クラス会を川甚さんで2回ほど開いた。1971年と2回目は45年後の2…

<節分>

<節分> 2月2日が節分になるのは124年ぶりと、つい昨日知った。立春の前日が節分で地球の公転周期が365日ではなく、365日と6時間だからである。子供が小さい時は節分の行事はやっていたが、ここしばらくはやっていない。 節分といえば、私の長兄の誕生日が2月…

<Always 三丁目の夕日と万年筆>

wowowで録画してあった映画を見た。この映画、東京京タワーが建ったころの昭和30年代、私の中学時代だ。作家志望の主人公の竜之助が、見ず知らずの預かってしまった小学生の淳之介に万年筆をプレゼントするシーンがある。 貧乏魚屋の6人兄弟、下から二番目…

三年日記6冊、16年目

手書き三年日記を書き始めてから今年で16年目になる。始めたときは62歳だったから何冊続くかなと思ったり、一日の書くスペースが少ないなと思ったものだが、今では一行しか書かない日も増えてしまった。 しかし、今年で6冊目、書き忘れる日は一年で1,2日、…

新年句会

毎月月始めに句会があるのだが、昨年のコロナの緊急事態宣言後、句会には参加せず、投句で参加している。句会での参加者の意見が聞けないのが残念だか、句会の先生からアドバイスや添削を頂いている。 相変わらずの駄作しか作れないが、皆さんからのアドバイ…

3年手書き日記6冊目

手書き三年日記を書き始めてから今年で16年目になる。始めたときは62歳だったから何冊続くかなと思ったり、一日の書くスペースが少ないなと思ったものだが、今では一行しか書かない日も増えてしまった。 しかし、今年で6冊目、書き忘れる日は一年で1,2日、…

新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。今年は昨年9月に長姉が他界したので喪中、年賀状もなく静かな元旦。ただ、喪中のはがきを出し損なってしまった方が何人かおり、寒中見舞いを出さなくてはいけない。 コロナ禍の拡大と北日本の大雪の中我が埼玉県は快晴…

コロナ禍の大晦日

こんな大晦日を世界中の誰が予期しただろうか? 東京都の感染者が1000人を超えるのは時間の問題とは思っていたが、大晦日に! しかも一気に1300人超えとは恐ろしい❗ 今日はエール総集編を見てあらためてドラマの素晴らしさと、古関裕而の歌に泣けた。 夜は紅…

2020年 読み納め 「私の歎異抄」(紀野一義)

釈撤宗さんの「歎異抄 救いの言葉」を読み終え、改めて、紀野一義さんの「私の歎異抄」が読みたくなり、再読した。前に読んだのが2009年だから11年前になる。歎異抄に関してはいろいろな方のものを読んできたが、紀野さんのこの本は印象に残っている。改めて…

<昭和歌謡界の巨匠相次いで亡くなる>

10/7筒美京平さん80歳、12/20中村泰士さん81歳、12/23なかにし礼さん82歳と相次いで、昭和の歌謡史の巨匠がなくなった。三人とも私と4~6歳の年の差だ! 昭和の歌謡史を築いてきた作詞家、作曲家がなくなって寂しい! 筒美京平の「また逢う日まで」、中村泰士…

釈撤宗 「歎異抄 救いの言葉」(文春新書)を読む

18歳の時に初めて本多顕彰の歎異抄入門を読んでから多くの歎異抄解説本を読んできた。岩波文庫の金子大栄の歎異抄をはじめ、紀野一義、梅原猛、五木寛之、野間宏、玄侑宗久などの解説本を読んできた。印象に残るのは、本多顕彰の「歎異抄入門」、紀野一義…

Amazon Prime Music & YouTube

amazonプライムで月々500円でいろいろな音楽を聴かせてくれる。YouTubeもいろんな音楽動画が見られ、Jazz、クラッシック、演歌、ポップスなどなんでも聞くことができる。但し、有料会員にならないとCMが入るのがうっとうしい。会員は月1150円なのだがこちら…

「南方熊楠と宮沢賢治」(鎌田東二:平凡社新書)

副題を日本的スピリチャリティーの系譜として、鎌田東二が二人のMK、南方熊楠と宮沢賢治について書いている。鎌田さんは、「神道とは何か」「身体の宇宙誌」など多くの本を書いている。仏教、神道、宮沢賢治、妖怪学など幅広い著作がある。 この本では、南方…

<amazon prime & YouTube>

amazonプライムで月々500円でいろいろな音楽を聴かせてくれる。YouTubeもいろんな音楽動画が見られ、Jazz、クラッシック、演歌、ポップスなどなんでも聞くことができる。但し、有料会員にならないとCMが入るのがうっとうしい。会員は月1150円なのだがこちら…

<あさどら「エール」ラストコンサート>

朝ドラの「エール」が今日で終了した。今まで朝ドラはあまり見ないほうだった。過去のものでは、「花子とアン」「まっさん」は欠かさず見た。 昭和歌謡の好きな小生としては古関裕而の生涯に関心があったので欠かさず見た。このドラマを見るまで、古関裕而、…

パソコン供養

永年にわたりパソコンと共に仕事をし、生きてきた。今日断捨離の意味で、処分しそこなってきたPCを5台廃棄処分した。富士通、HP、長男から譲り受けSONYのVaio、ASUSなど色々だ。私の仕事も会社のコンピューターでの業務管理から、営業本部の業務システム部へ…

幼児の形体認識、数字認識、文字認識

1歳10か月になる孫が.形態認識、数字認識、いくつかのアルファベット認識をするようになった。 YouTubeの幼児向け画像や形状パズル、モッテッソーリの文字パズル、数字パズルなどで遊ぶうちに自然と覚え始めたようだ。数字は1から10まで、一部発音はまだで…

10月の句会 姉の遺影のベレー帽

今月の句会も投句にさせて頂いた。山が好きで油絵も描き、谷川岳や富士山の絵も描いていた姉の死を悼み、以下の句を詠んだ。 山粧(よそ)ふ姉の遺影のベレー帽 2点句を頂いたが、「山粧ふ」の季語と「姉の遺影」が離れ過ぎとの先生のコメントを頂いた。 私も…

ぎっくり腰!?

断捨離の一環で古いオーディオ機器、VHSのビデオなどを廃棄すべく押し入れから取り出し、HardOffに持っていこうと、車に積み込む作業をした。古いオーディオ安生などかなり重い。旅行ケースに入れたのだが、4階から階段を下すのに苦労した。急なぎっくり腰で…

長男(竜樹)の週刊ダイヤモンド)掲載記事

ITアナリストをしている長男の記事が週刊ダイヤモンドに掲載された。10月3日号、テレワークを支援する電子化ソリューションという、今旬の話題です。私の勤めていた会社の後輩たちもIT関連だったので、ほとんどの方がテレワークをしている。我が息子も子…

姉の死

2週間程前に肺炎で入院していた姉(長姉)が退院間近かと思われたのだが、病状が急変し昨日息を引き取った。84歳元気に退院すると思っていたのに残念でならない。 この姉には、私の小学校入学の際に母親代わりに付き添ってもらったり、高校3年、浪人時代か…

〈演歌、ファド、シャンソン〉

新田次郎、藤原正彦の「孤愁」を読みながらアマリア・ロドリゲスのファドを聴いた。新田次郎が言いたかった孤愁=サウダーデ(ポルトガル語)の意味が分かる気がした。 アマリアの歌、ポルトガル語の歌詞は分からないが、何とも言えない哀愁に満ちた歌声がハー…

〈菅総理誕生?〉

〈菅総理誕生?〉 安倍総理の辞任により菅官房長官の立候補が決まり菅総理大臣の誕生がほぼ確実になった民主党政権時代、在野にいた菅さんの話を聞く機会があった。特に記憶に残る話はなかったが、当時の政界の様子を淡々と話していて、面白味はなかったが、…

〈悪チン腫瘍定期検査〉

半年毎の耳下腺炎(悪チン腫瘍)の検査を受けた。右側が少し大きくなっているが(数ミリ)、そのままほっておいても問題はなく、今後定期検査も必要ないだろうとの事。ドクターが代わったが、より専門の先生のようだった。 今後の定期検査が必要にとのことでまず…

結石再生産!

<結石は忘れた頃に落ちてくる> 昨年は確か結石はゼロだったが、今年に入って二度目の結石! 何の前触れも痛みもなくポロっとお出まし。 結石も加齢と共に、生産能力、活動能力が落ちてきたのか! まあ、だんだん大人しくなってきているのは有難いことだ!