〈本との再会〉

玄侑宗久の「日本人の心のかたち」という本を処分しようと思ったが、帯の文句の“無常とあはれの両行”、“身と心の不二”という言葉にひっかかり、再読した。荘子の両行、維摩の身心不二についてのわかりやすい解説が書かれている。この2つの言葉、考え方、何度読んでも、頭では理解できても、身体で理解し、納得し、また実践するのは難しい。
 そこで、改めて、維摩経を再度読んでみた。維摩経もいろんな方が解説を書いている。今までに何度か読んでいる手元にある鎌田茂雄の「維摩経講話」を再読した。
 仏教書や哲学書、素晴らしい随筆等は、ひょんな事で再読したくなることがある。そんな本との再会は古い友人に再会することに似て素晴らしいことだ。
 そんなわけで、また出会いそうな、再会しそうな本は終活で簡単に処分しないほうがいいと思う。今までも処分して、  その本が廃版になっていて 残念な思いをしたことが何度かある。図書館で借りればと言うが、自分がかつて読み傍線を引きながら読んだものを再読するのも懐かしく愉しいものだ。
 まだ、幸い小さい活字も読める、読める間は、再会する可能性のある本、再読したい本は残しておきたいと思うこの頃です。
 

本との再会

侑宗久の「日本人の心のかたち」という本を処分しようと思ったが、帯の文句の“無常とあはれの両行”、“身と心の不二”という言葉にひっかかり、再読した。荘子の両行、維摩の身心不二についてのわかりやすい解説が書かれている。この2つの言葉、考え方、何度読んでも、頭では理解できても、身体で理解し、納得し、また実践するのは難しい。
 そこで、改めて、維摩経を再度読んでみた。維摩経もいろんな方が解説を書いている。今までに何度か読んでいる手元にある鎌田茂雄の「維摩経講話」を再読した。
 仏教書や哲学書、素晴らしい随筆等は、ひょんな事で再読したくなることがある。そんな本との再会は古い友人に再会することに似て素晴らしいことだ。
 そんなわけで、また出会いそうな、再会しそうな本は終活で簡単に処分しないほうがいいと思う。今までも処分して、  その本が廃版になっていて 残念な思いをしたことが何度かある。図書館で借りればと言うが、自分がかつて読み傍線を引きながら読んだものを再読するのも懐かしく愉しいものだ。
 まだ、幸い小さい活字も読める、読める間は、再会する可能性のある本、再読したい本は残しておきたいと思うこの頃です。

新年ご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
 昨年はFBご笑覧いただき、コメントもありがとうございました。本年も引き続きご笑覧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 二年続きのコロナ禍の中、運動不足で筋力低下がすすんでいます。やっと再開した卓球も体重が増え体が重くなり、ますます、小手先卓球なっています。
 また、最近はわが好奇心のアンテナ感度が鈍ってきたのか、面白そうだと思う本が少なくなってきました。
 昨年から俳句を始めましたが、一応理系の小生、感受性が貧しく、なかなか上達しません。日本語の難しさ。奥深さを痛感している昨今です。
 恥ずかしながら、駄句を載せましたので、ご批評、コメントを頂ければ幸甚です。
 
 読み初めに 黄ばみし文庫の 歎異抄
 辞書並べ 獺の祭りの 蘊蓄屋
 半丁を 孫と分け合う 冷奴
 蜩の 声の響きや ファドのごと😊
以前からわがブログをご笑覧いただいている方へ
最近はフェイスブックに書くことが多く、ブログへの掲載が減っています。同じ内容をブログに掲載するのも面倒で、不精してしまっています。フェイスブックに登録いただきご笑覧いただければ幸甚です。
 
 
 

立花隆さん死去

 立花隆さんが80歳で亡くなった。同世代の知的巨人だった。「知のソフトウェア」「思考の技術」「脳死体験」など色々と読ませていただいた。佐藤優との知の巨人対談も面白かった。同世代の知の巨人として今の乱れた日本を叩き直すフィロソフィーを書いて欲しかった。
 御冥福をお祈り致します❗

チック・コリアの死を悼む>
家人がたまたま録画してくれたWOWOWの番組でチックコリアが2月9日に79歳でなくなったことを知った。
 チックコリアは1972年に発表されたReturn To Foreverを印象深く覚えている。キース・ジャレット上原ひろみとの東京でのDuo演奏も素晴らしかった。
 何曲かのPianoSoloも味わいがある。他のジャズPianistとは一味違うピアニストだっただけに突然の死が悔やまれる。
 彼のオリジナルの「Spain」を聴きながら、冥福を祈るばかりだ。

4月投句



今月の投句3題
①手をほどき菜の花の土手走る孫

②卒業子のつんつるてんの袴はき

③辞書並べ獺の祭りの薀蓄家
 
③は獺の祭りの季語が
初春ということで没
 Buying dictionaryの薀蓄家、Henryを自嘲し読んだのだが、季語が季節外れということで没。
②は大学の卒業式で親父の短い
羽織袴を着た写真を見て当時を思い出し、作ってみた。

相変わらず感性が鈍くいい句ができない❗


f:id:henrymiura:20210330213854j:image右の写真は卓球部の親友Ken Shinozaki君

三月投句

コロナの緊急事態宣言のため、今月も句会が投句になっている。 相変わらず、出来が悪いが今月は投句三句のうち、一句二重丸をもらったが、まだまだ特選をもらうには至らない。
 二重丸の句は
   春陰や老舗川甚店じまひ
高校のクラス会を二回やったことのある、柴又の老舗料理屋の川甚の閉店を惜しんで作った。
 もう一句は
   古民家の主偲ぶや枝垂梅
わが町さいたま市見沼区は家から車で5分ほどの所に見沼田圃があり、周辺には趣のある古民家も多い。そんな古民家で剪定された枝ぶりの良い枝垂梅が咲いているのを詠んでみた。